BLOG NEWS

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • YouTube Social  Icon
  • Instagram Social Icon
検索
  • TEN-SHO パントマイム テンショウ

あの頃〜2

小学校の6年間は、プラモデル作りに

燃えていた

汽車で30分かけ下関大丸に通った

プラモは、そうそう買えるものでは

なかった

お年玉をポケットに

ねじ込み1年間マークしていた

プラモをゲットしていた

買えるだけの お金が

無くても大丸のプラモコーナーには

通いつづけた

やまずみされたプラモを見ているだけ

でも幸せだった

そのうち配列や品揃えをチェックするように

なり

それが面白い遊びに、なった

そんな ある日

小学校低学年の男の子とお母さんが

店員さんに

『マジンガーZのプラモデルありますか?』と

質問しているところに出くわした

店員さんは、女性で、何がなんだか

わからない様子

男の子は、泣きそうになっていた

その店員さん、いつもは

レコード売り場にいる人だった

こりゃダメだ!と思って

『こっちこっち』と親子を案内して

無事、そのプラモをゲットさせた

中学生のなり

洋楽を聴くようになった

欲しいモノもプラモからレコードに

かわった

そして

その女性店員さんに、お世話になる事になった

笑。


閲覧数:28回0件のコメント

最新記事

すべて表示

パントマイムを始めて40年になる 文字どうり修行してきたわけだが 正確には、修業してきた と言った方が正しい パントマイムのテクニック かべ表現 ロープ、綱引き 風船作り マイムウォーク 人形振り、ロボット などの習得は、数ヶ月から 数年かかる 僕のように、こだわるタイプは 一生かかってしまう 修業とは、技の習得のこと もともと仏教用語の修行とは 一生をついやし学ぶ事 TAO、道と言っても良いだろ